MENU

赤ちゃんが欲しい人が気を付けること

赤ちゃんが欲しいけれどもなかなかタイミングが合わない人も多く、不妊かもと悩み病院に行く選択肢を選ぶ人も少なくありません。しかしながら、妊娠するために病院へ行く前にできることがたくさんあります。まずはストレスを減らすということです。仕事や家庭などさまざまなストレスにさらされていますが、それらを極力排除し心穏やかに過ごすことが大事です。心が穏やかになると身体が穏やかになり、結果身体のサイクルが正常になるのです。また、赤ちゃんが欲しいと強く思うあまりできないことへのストレスを感じて悪循環になっている場合もあるので、難しいかもしれませんが身体や心を軽くしてあげることが大事なのです。さらに、身体を冷やすことも良くありません。特に腰やお腹などは夏でも温かくするよう心掛けるべきです。冷えると妊娠がしにくいのです。妊娠がしやすい排卵期というのは通常より体温が高い時期であるのですが、身体を冷やしていて妊娠に必要な高温期を低い体温で過ごすと当然妊娠はしにくくなるのです。生姜やサプリメントで体の内側から冷えを改善するのも効果的です。また、排卵期を自分でしっかりと把握しておくことも大事です。排卵日の直前に性交渉をもつと妊娠しやすく、これを医師が管理する治療をタイミング法といいます。もちろん自分で行うと誤差は出ますが、知っているのといないのでは大きな違いがあるので、基礎体温をしっかりとつけて妊娠するタイミングを自分でも把握しておく必要があります。排卵とは卵巣から卵か排出される時期をいい、卵が排出されると生理が始まります。この生理のサイクルもとても重要で25日から35日の間で生理が来れば正常と言われています。もしこれより短かったり長い場合は生活リズムの改善、冷え性の改善が必要です。もちろんそれだけで改善されるわけではありませんので、医師の正しい診断を受ける必要もあります。妊娠しやすい栄養やサプリメントも販売されているので、それらを利用しながら健康に過ごすことが一番いいのです。

 

 

 

 

妊娠しやすい身体作りに人気のサプリをご紹介
⇒ 妊娠しやすい身体で赤ちゃんを迎え入れる準備を!