MENU

不妊改善のための薬の種類とその副作用

不妊を改善する治療では、薬を用いることもあります。そして、治療を受ける方にとって、その薬がどのような効果を持ち、またどのような副作用を持っているのか正確な情報を得たいというのは当然のことです。
もちろん、医師に説明をしてもらうとしても、自分でも知識を得ようとすることは万が一のことを考えて怠るべきではありません。

 

不妊治療の薬は種類で区別すると、排卵を促して妊娠の可能性を高める排卵誘発剤、逆に排卵を抑制して採卵しやすくするGnRH剤、卵胞と子宮の成長を促進させる卵胞ホルモン剤、足りなくなった黄体ホルモンを補充する黄体ホルモン剤があります。

 

最初の排卵誘発剤は、排卵を促すことで、月経不順や排卵障害を解消する、性行為をすると気に排卵のタイミングを合わせることで妊娠の可能性を高めるといった効果が期待できます。セキソビット、クロミッドやテルグリドなどが有名な薬です。副作用ですが、複数の卵子が排卵されるかもしれません。そうなれば、予定とは違い双子や三つ子といった多胎妊娠となることもあります。それから排卵を促すのは卵巣にとって過剰な刺激となるので、腫れてしまうことがあります。これを卵巣過剰刺激症候群と呼びます。呼吸困難に陥ることもあり注意が必要です。

 

GnRH剤は、月経が起こらないようにエストロゲンなどのホルモンの分泌を抑える薬です。代表的な薬はスプレキュアやセトロタイドです。月経を起こさないというのは妊娠しにくくする用に思えますが、排卵誘発剤と組み合わせることで、排卵のタイミングを調整していくのです。また子宮筋腫を小さくする効果がありますから、子宮内膜症が原因の不妊には効果的です。
副作用についてですが、閉経状態になることで更年期障害と同じ症状が出てしまいます。

 

卵胞ホルモン剤は、卵胞ホルモンが不足して子宮内膜が薄い状態を改善する事ができます。代表的な薬はプレマリンです。子宮内膜が育てば着床しやすくなり不妊が改善されます。副作用は食欲不振や吐き気です。

 

黄体ホルモン剤は黄体ホルモンを補充して着床しやすくしていきます。代表的な薬はプロベラです。副作用には吐き気、頭痛などがあります。

 

 

 

妊娠しやすい身体作りに人気のサプリをご紹介
⇒ 妊活サプリのおすすめランキング♪